2014年01月08日

残業を無くす凄いアイデア

過重労働を無くすための画期的な方法を思いつきました!

これは革命です!

日本の夜明けです!

ビジネスソリューションです!(←「ソリューション」って胡散臭い言葉を使う会社増えてません?)

それは・・・

人を雇えば良いんじゃない?と考えます。


んなつまんないことかよ!!!って・・・?

あ・・・、すいません。思いっきりタイトル負けかもです・・・。

ですが、

明らかに配置されている従業員の数に対して、

処理できる量をはるかに超えた仕事をこなすことを与儀なくされている会社が多すぎる気がします。

不況で仕事が無い無い言うわりに、

あるのか無いのかよくわからない現状です。


経営者さんが人件費をケチッてどうやっても人を雇いたくないのか・・・。

人を雇うぐらいなら既存の社員に残業させて、

その分の残業代を払う方がよっぽど安上がりなのでしょうね・・・。


社員の処理能力を超えた仕事量に対し、

もはや社員は限界に近い労力と効率化を行って対処していますよ。


それももう限界に達し、早朝出勤や長時間労働でカバーする・・・。

そんな環境が慢性化し熟成してしまった時こそ、

適宜、労働量に余裕ある人員を雇用すべきです。

なのである意味、人を雇って残業を解消させるって

浅〜いようで正解じゃないですかね!?ね?

残業で悩むことも軽くなりますし、

失業率が改善し、仕事が無いと悩むかたも救えますし。

良いことづくめですよ・・・!!!


それが適えられない会社なんて、それまでだったんじゃないですかね・・・。

社員の犠牲を前提にして成り立つ会社・・・そこまでして生き長らえるべきかな・・・と。


会社や会社員は、

会社の利益だの、

自分の出世だの、

社内での自分の立場といったものそこまで深く考えすぎず、


もっと、もっともっと、

働く時間について臆病なぐらい考えるべきです。

始業時間にはみなササーッと一斉に真剣に仕事に向かい、

終業時間を迎えた瞬間にはガバッと自分の鞄を既に持ち上げ、家路に向かう・・・。

会社での仕事ってそうあるべきだと考えますよ!


・・・いやはや、

まだ入社3日目なのに、今日も残業を1時間半ほどやらされて、

ちょっとムカムカして、思わず書いてしましました・・・。

僕はやっぱり会社員に向いてないですね・・・あせあせ(飛び散る汗)



まだ社会経験もろくにないお前が生意気だ!と言われそうですが・・・。

実際、そんなことしたら、

尋常じゃないぐらいの量の会社が潰れるでしょうね・・・。


なので、日本はもうとっくの昔に詰んでるんでしょうね。

日本の会社はこれからも、不景気だからとか

正社員になりにくいご時世だとか

再就職は難しいからとか言って、

働きづらく、生きにくい社会にしていくんですかね・・・。


日本から残業って概念を無くすアイデアのある方・・・

とり急ぎ大手マスメディアに連絡を・・・

日本記者クラブにて大々的に公表を・・・。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています!
みなさまからの1日1回のクリックで生きていけます!
↓↓↓↓

働くヒト ブログランキングへ


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
posted by M字気味 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。